主旨と理念

若者に夢を与え、夢を実現させる喜びと、努力する苦しみの中の喜びを教え、世界に通用する役者を、映画監督自身の手で育てる。

学校教育を通し、映画に代表されるような映像文化の発展に寄与する。

教育方針

社会の環境は、刻々と変化していますが社会人として本来あるべき姿は常に一定です。

本学では礼儀やマナーといった基本的な教育を見つめ直し、実践し、「目上の人を敬い、他人に礼を尽くし、自己犠牲を営ない」人間形成の確立を主眼としています。

生徒、個人個人が持つ各々の感性を引き出し、独創性を伸ばすことに全力を注ぎ、多くの経験の場を与え、特色あるゼミナールや実践的授業を展開して、「オリジナリティあふれる表現力と、ピュアな感受性と強い精神力」の育成を目指します。

複雑に多様化する現代では様々な事柄に柔軟に対応できる能力が不可欠です。

その為に様々な人々との交流の場を設け、幅のある人間教育を行い、「フレキシブルな対応力のある個性」の確立をサポートします。

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 主旨と理念
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]